整体師の資格

整体師の資格は国家資格ではなく民間の資格になります。

ですから、資格がなくても整体師になる事はできるのです。

とはいっても、整体師は特殊な「矯正」という技術を学ばなければなりません。

これはある程度の修行を積まないと習得できるものではないそうです。

独学では本当に難しく、たいていの人は整体のスクールや講座に通って勉強しているそうです。


サラリーマンだった人が独立開業して整体師になったなんて話は最近意外と多く耳にしますよね。

マッサージ、整体、足裏、鍼灸など、リラクゼーションを求めている人はとてもたくさんいます。

私もよくマッサージや整体などを利用しています。

そんな時、どうやってお店を選んでいるでしょうか。

この店舗には資格保持者がいるだろうか、なんて考えている人ってあまりいないような気がします。

私もそうなのですが、金額や内装の雰囲気、整体師さんのコメントなどをホームページなどで見て決めています。

とりあえず、一度受けてみないと自分にあっているかはわかりませんからね。

でも意外と自分にあったお店を探すのって難しいんですよね。

今、月に1回ほど利用している整体には資格を持っている方が数人いらっしゃって、資格証、というのでしょうか、そのようなものが展示してあります。

それを見ると、ちゃんとしているお店のように感じます。

実際、どの方も上手なので利用しているわけですが。

私たち利用者は、肩が痛いとか腰が痛いと言った症状に関してはわかるけれど、それがなぜそうなったのか、どうしたら改善できるかなどは全く分かりません。

整体師の資格を持った専門の人がいて、アドバイスなどをしてくださるとうれしいです。

資格がなくても整体師になれるというのは、法的なことだけであって、やはり専門的な知識や技術を習得するには民間であっても資格を取得している方に施術して頂きたいものです。

資格を取得するために必要な勉強時間には個人差があります

医療事務の資格を取得するには、どれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。

他の職業に就きながらも、医療事務の資格を取得することは可能なのかと心配に思う人もいるでしょう。


医療事務の勉強をする場合は通学や通信がありますが、それはその人の都合に合わせて決めることが出来ます。

でも医療事務の勉強自体は復習が必要と言われていますので、復習をきちんとするためには1日1時間以上は勉強することが必要です。


でもこれには個人差があります。

1日30分の勉強時間で十分という人もいれば、1日3時間くらい勉強する人もいます。

休みの日にまとめて勉強時間を取る人もいるでしょう。

どのくらい勉強時間を取ればいいのかが重要というよりもどのくらいの時間を取ればしっかり学べるかを考えることが重要なのです。


短い時間の方が集中出来て学べるという人も、中にはいます。

逆にたくさんの時間が無ければ学ぶことが出来ないという人もいるのです。

勉強時間がとても多かったということが自分の自信につながることもあります。


これだけしか勉強していないから受からないかもしれない…と思う人もいます。

逆にあんなに勉強したのだから必ず受かる!というように思う人もいるでしょう。

受かるコツというものをつかんでいる人もいます。


1度試験を受けることにより、試験に対してどのような勉強をすれば良いのかということを既に知っている人もいるのです。

出来れば1回試験を受けてすぐに合格したいですが、もし不合格でもそれは経験になるのです。

医師とは違う

整体師は、医師や看護師と違い、公的な資格があるわけではありません。

そのため、わが国においては医師法などの関係から問題となる整体師も少なくありません。


しかし、街で見かける整体院のほとんどは、民間資格とはいえ整体師の資格を有する人の方が多いので、それほど心配はいりません。

整体師の施術を受ける際には、口コミ情報などをしっかりと収集しておくと良いでしょう。


その整体師になるには方法は2つあります。

通信講座で学ぶか専門のスクールに通うかです。

ただ、実際に人と接して、人の体に触れる仕事ですから、通信講座よりもスクールに通う方が、より実質的な技術を身につけることができるでしょう。

逆に、単に知識として整体を学びたいというのであれば、通信講座で自分のペースで学ぶと良いでしょう。


整体師の資格を取って、整体師として働きたいと考えているのであれば、やはりスクールに通学する事をおすすめします。

実際の整体師に基本から知識と技術を学び取れますし、同じ目的で集まった人たちとの人脈も築くことができます。


また、しっかりとしたスクールであれば、資格取得後の就職のサポートも行っていますし、整体院が直接運営しているスクールであれば、開業のノウハウを学ぶこともできます。


実際のところ、整体師の資格というのは民間資格ですから、開業するにあたって必須というわけではありません。

しかし、資格を持たずに施術を行った場合、深刻な事態に陥る危険性があります。


本当にその仕事につきたいと心から思うのであれば、しっかりとした専門のスクールに通って、確実な施術を行える技術を身につける事が、整体師の義務と言えるでしょう。

整体師の資格は民間学校です。

整体とは、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢等の体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正と、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具にておこなう医業類似行為の一種であるとされています。

「整体術」「整体法」「整体療法」と呼ばれることもあります。

日本武術の柔術や骨法などの流派に伝わる手技療法を中心としたものです。


整体師の資格は、国家資格ではなく民間学校の資格です。

整体師専門学校を卒業しています。


整体には、美容整体とかスポーツ整体、中国式整体といわれているものがあります。


整体スクールでは、認定整体師・耳つぼダイエット指導士を取得することができます。

活躍の場は整体院・マッサージ店・スポーツ施設・リハビリセンター・整骨院などがあります。


整体院は整体の資格を取得した人が経営する療術院のことです。

整骨院は柔道整復師資格という資格を取得した人が経営する治療院のことです。

一般的には接骨院・治療院・治療所・ほねつぎ等の名称で呼ばれるところは柔道整復師などの資格取得者の経営するところであり、療術院・中医整骨等の名前がついているところは整体師が経営しているところです。


柔道整復師は、国家資格でその前に3年制の養成学校を卒業しています。


整体スクールでの整体療術コースには、整体療術ビギナーコースとリフレクソロジービギナーコースがあり、最長12ヶ月は学ぶことができます。


主なスクールとしては、ウィルワンアカデミー、東京療術学院、東京国際整体医学院、寛整体熟などがあります。

大病院の正社員への道は厳しいです

医療事務で正社員になりたいと思った場合には、大病院で勤めるのは難しいと言われています。

派遣か業務委託という形で働いている人が多いのが現状です。

それでも正社員の道を目指したいということであれば、大病院ではなくて診療所やクリニックなどを選ぶと良いかもしれません。


それなら正社員として採用してくれる可能性が高くなります。

小規模病院であっても構わないという気持ちがあれば、医療事務で正社員として働くことが出来ます。

もちろん大病院であっても、正社員で働くことが絶対に出来ないというわけではないのですが、狭き門になるということです。


そして実際の雇用形態が正社員ではないことが多いというのが現状なのです。

大病院にこだわらなければ、正社員の道は拓けてくることでしょう。

もしも正社員でレセプト業務を希望するという場合には、年末年始とゴールデンウィークにはお休みが取れないことが多いです。


なぜならレセプト業務は10日が締め切りなので、残業になるということもあるのです。

そういったことを覚悟した上で正社員になることを選ばなければいけません。

医療事務で働く上で正社員を希望するのであれば、他の雇用形態よりも仕事において求められることが増えるということは、覚悟が必要です。


でもそれはどのような職業にも多少は言えることかもしれません。

医療事務に限らず正社員が背負うものというのは、結構重いもののことが多いです。

でもその分責任感を持ち仕事をすることが出来るというメリットもあります。

正社員で働いてみたいと言う方には、資格取得をおすすめしています。

医療事務の資格を持っているかいるかいないかで信用が大きく変わるので。

医療事務の資格取得のオススメサイトは沢山ありますので、色々探してみてください。

単純に医療事務の仕事内容をもっと知りたいという方は、このサイトも合わせて御覧下さい。

整体師そのものには資格はない!

整体師には、厳密な意味での「資格」はありません。

しかし、人体を扱う仕事ですから、きちんとした技術の習得が必要なことは言うまでもありません。

そこで、技術を学び、整体師となるには、オーソドックスな方法としては、専門学校のようなものに通う必要があります。


整体師、整体、と一言に行っても、様々な主義があるようですので、学校を選ぶ際も、どういう技法を教えてくれるところなのかをよく検討し、自分がなりたい、取得したい技術と折り合う学校選びが必要になってきます。

因みに、私の家の近くの路地には、わずか100メートルぐらいの距離のところに、中国式整体の看板を掲げる整体院と、米国式整体の看板を掲げる整体院があります。

どちらも通ってみましたが、全く手技が違うし、方針も違うので、驚きました。


さらに、学校に通わないで整体師になる方法もあります。

整体院でプロから主義を習うという道です。

先に書きました、近所の整体院のうち、中国式整体院の方では整体師を常時募集しているようで、しかも未経験OKとありました。

独自の手法を用いるので院長や先輩整体師から技法を習う模様です。

しかし、私はやはり、学校できちんと体のつくり、骨の作り、筋肉のつくりなどの基礎から習ってきた方が、何より患者さんのために安心安全ですし、自分のためにも勉強になるのではないかと思います。


また、整体師自体は資格がありませんので、柔道整復師や鍼灸師などの国家資格を取得したうえでさらに整体の手技も習って、幅広く医療大体行為をできるように目指す方もいるようです。

私の知っている方で、助産師の資格、リフレクソロジストの資格などを持っていて、特に助産師をしている時に妊産婦や乳児の骨格のケア(骨盤ケアなど)の必要性を感じて、現在では妊産婦と乳児に特化した整体院を開いているという人もいます。


整体は時に却って痛くなったとか効果がないとかトラブルも聞きます。

患者さんの信用を得るためにも、きちんとしたところで手技を学んで、施術できる整体師になりたいものですね。