患者さんとのコミュニケーションは大切?

医療事務の仕事をしていると、患者さんとのコミュニケーションをどのようにするかが問題になる場合があります。

患者さんにも色々なタイプの人がいます。

でも少し気難しいようなタイプの人から説明を求められた時でも、きちんと丁寧に教えることが必要になります。


資格を取得して知識に自信があって、丁寧に説明したとしても、なかなか理解をしてくれないというようなこともあるでしょう。

でも様々な患者さんに対して対応が出来るようになることで、一つずつ成長をしていくことが出来るのです。

同じようなパターンの患者さんばかりと接していても、その時は楽かもしれませんが成長につながりません。


患者さんとのコミュニケーションをうまく取るようにするためには、それなりに努力が必要です。

あまり人とコミュニケーションを取ることが好きではないという理由から、医療事務の仕事を選ぶ人もいます。


確かに直接患者さんと接する機会は、医療関係の仕事の中では少ないと言えるでしょう。

でも必ず接する機会は来ます。

患者さんから挨拶されるようなこともあるでしょう。

そういう時に、気持ち良く笑顔で挨拶が出来ることが大切です。


そして冷たい雰囲気で接することのないようにしなければいけません。

患者さんにとって病院が少しでも居心地の良い場所になるように、医療事務の仕事をしながらも配慮が必要になるのです。


そのためにはどうしたらいいかということを、日常の生活の中で考えていく必要があります。

仕事は仕事と割り切ることも必要ですが、人間同士の関わり合いというものを大切にしなければ、医療事務の仕事自体も成り立たないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>